本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

wifi(sim)

【メリット、デメリット】パイオニアの車載用WifiルーターDCT-WR100Dをおすすめ出来ない人

アイキャッチ画像

車でWifi使うのにパイオニアの車載用Wifiってどうなのかな?

このような疑問にお答えします。

最近は車でYouTubeを見ることやアマゾンプライムを利用する方が増えて、車でWifiを使いたいという声が多く聞かれるようになりました。

Google検索で「車 Wifi」などと検索すると1番に出てくるのがこのパイオニアの車載用Wifiルーターではないでしょうか。

結論から言うとパイオニアの車載用Wifiをおすすめ出来ないのは外出先やカフェでの作業等、車以外でもWifiを必要とする方です。

車載用Wifiを利用する事のメリットとデメリットを隠すことなくお答えします。

この記事を書いた人

☑格安SIM歴10年

☑使用したスマホ会社10社

☑車でYouTubeを見るために通信速度の速いWifiを格安で利用できる策を常に考えて発信しています。

この記事で分かること

  • パイオニアの車載用WifiルーターDCT-WR100Dをおすすめ出来る人、できない人
  • パイオニアの車載用WifiルーターDCT-WR100Dのメリット、デメリット

それではいきましょ

パイオニアの車載用WifiルーターDCT-WR100Dとは

created by Rinker
¥25,980 (2024/02/26 06:54:50時点 楽天市場調べ-詳細)

パイオニアの車載用WifiルーターDCT-WR100Dとはその名の通りパイオニアが販売している車内専用のWifiです。

電源電圧DC12 V/24 V(専用シガーライター電源ケーブル付属)
消費電力1.2 W(typ)(12 V 入力時)
動作温度–10 ℃ ~ +60 ℃
動作時湿度90% 以下
UIM カードnanoUIM
外形寸法91.5 mm × 16 mm × 44.5 mm( 幅 × 高さ × 奥行)
本体質量50 g(電源ケーブルなどを除く)
取付推奨角度0°~ 20°
対応規格IEEE 802.11 b/g/n( 2.4 GHzのみ)
対応チャンネル1 ~ 13 ch
セキュリティ方式OPEN/WEP/WPA(Personal)/ WPA2 (Personal)/ WPA3(Personal)
最大同時接続台数5 台
対応バンドBand1、Band3、Band19
通信速度受信最大 150 Mbps(ベストエフォート方式)
送信最大 50 Mbps(ベストエフォート方式)
DCT-WR100Dの仕様

メリット

  • LTEデータ通信が無制限で利用できる
  • ドコモの回線を使っているので通信できるエリアが広い
  • 車内用に作られているので動作環境が安定している
  • 車を乗り換えても使える
  • dポイントで支払える

LTEデータ通信が無制限で利用できる

パイオニア

車載用WifiはLTEでの通信が無制限で利用できます。

プラン料金は以下の通りで、1日だけ使ったり、30日や365日プランもありかなり柔軟性があると思います。

車通勤している方なら365日プランを使うのもアリですし、旅行や帰省の時だけ使いたいなという方なら30日プランなど、時と場所に応じてプランを選択できるのは良いですね。

1日プラン550円(税込)
30日プラン1,650円(税込)
365日プラン13,200円(税込)
料金プラン

ドコモの回線を使っているので通信できるエリアが広い

パイオニア

車載用Wifiはドコモの回線を使っているので、通信できるエリアが広いです。

ドコモで繋がらなければどうしようもないと言われるほどドコモのカバーしている範囲は広いです。

また、使用するバンド(周波数帯)も高速通信が可能なバンド1、バンド3に加えプラチナバンドのバンド19も利用できるので、ほぼ繋がらないエリアはないと言っても良さそうです。

使用バンド周波数帯用途
12.1GHz全国で使われている主要周波数帯
31.8GHz東京、名古屋、大阪中心
19800MHz郊外などのプラチナバンド
パイオニアの車載用Wifiルーターの使用周波数帯

車内用に作られているので動作環境が安定している

パイオニア

車載用Wifiは車内専用に作られているので、動作環境–10 ℃ ~ +60 ℃まで対応しています。

北海道の寒い冬も、沖縄の灼熱の夏も耐えられるようになっているわけですね。

通常のWifiルーターなどを灼熱の車内に置き去りにすると壊れてしまう危険性がありますが、車載用Wifiはそのような心配をしないですみますね。

車を乗り換えても使える

車載用Wifiはシガーソケットから電源を取っているので、違う車に乗り換えてもシガーソケットから電源を取れば使うことが出来ます。

オプションであるヒューズから電源を取っていると取り外すのが少し大変かもしれません。

dポイントで支払える

車載用Wifiのプラン料金はdポイントで払うことも可能です。また、ポイントもたまります。

デメリット

  • 端末代が高い
  • 基本的に車が動いていないと使えない
  • 5G通信が出来ない
  • 接続台数が5台まで
  • 2年ごとに物理SIMを買い替えなければならない

端末代が高い

created by Rinker
¥25,980 (2024/02/26 06:54:50時点 楽天市場調べ-詳細)

まず、端末代が高いですね。上記楽天市場での金額だと23,980円となっており、初期費用がだいぶ掛かってしまいます。

Wimaxの端末代も20,000円ほどしますが、キャッシュバックなどがあるため、初期費用としてそこまでかからずに利用できます。

車載用Wifiはキャッシュバックなどがないので、まず端末を買うところからスタートになります。

基本的に車が動いていないと使えない

DCT-WR100D制限の画像
パイオニア

車載用Wifiは車内に固定しないといけないので、車外には持ち出せません。また、エンジン停止後60分までしかWifiを利用する事が出来ません。

これだと、車内でパソコンで作業をしたり、お子さんのお迎え中などに使えない可能性があります。

エンジンONにしてから駐車中にWifiが使えるのは30分まで。その後はエンジンONの状態でもWifiは使えない。(エンジン再始動しても使えない。)
車が走行中は常にWifiが使える。
車が停止後60分までWifiが使える。

5G通信が出来ない

車載用WifiはドコモのLTE回線での利用になり、5Gは使えません。

WimaxであればLTE+5Gが使えるので、通信速度という点ではお取ってしまいます。

車内で5Gが使えたからと言ってオンラインゲームなどでもしなければ問題ないのですが。

接続台数が5台まで

車載用Wifiの接続台数は5台までとなっています。

これはiPhoneでテザリングできる台数と同じで、複数人で利用すると足りない恐れがあります。

家族3人で使用する場合の例

  • 運転手のスマホ
  • 妻のスマホ
  • 子供のSwitch
  • カーナビ
  • Chromecast

3人家族でも5台まで使用する可能性もあります。さらに友達など4人で乗車する場合は全員がWifiを利用できなくなってしまいます。

その点Wimaxはどのルーターでも10台以上接続できるため大人数でのドライブなどはWimaxの方がおススメです。

2年ごとに物理SIMを買い替えなければならない

パイオニア

車載用Wifiには物理SIMが入っていてそれで通信を可能にしているのですが、2年間しか使えないので、買い替えなければなりません。

買い替えには5,500円(税込)がかかるので、デメリットですね。

パイオニア

ネットでの評判

ネットでの評判をツイッターで調べてみました。

悪い評判としては、2年ごとに物理SIMを買い替える事のわずらわしさや、端末代が高いために手が出せないという意見がありました。

正直良い意見があまりなかったので、探し出したら載せますね。

パイオニアの車載用WifiルーターDCT-WR100Dをおすすめできない人

  • 外出先やカフェでの作業など車以外でもWifiを必要とする方
  • 大人数でのドライブや車の利用が多い方

外出先などでWifiを利用したい方はパイオニアの車載用Wifiはおすすめできません。さらにモバイルWifiかテザリングの料金がかかってしまう為、結果的に損してしまいます。

また、大人数で車を利用する方は端末の接続台数制限5台があるので、おすすめできません。

外出先でWifiを使いたい方や大人数で車でWifiを利用したい方はWimaxの利用をおすすめします。

私も昔Wimaxを利用したことがあるのですが、お世辞にも使えるとは言いがたかったのですが、現在のWimaxはauの4G,5Gを利用する事が出来るようになったため、電波が入らないという事がほとんどなくなりました。

Wifi接続台数も10台以上で大人数で車で使うのにもおすすめです。

パイオニアの車載用WifiルーターDCT-WR100Dをおすすめできる人

  • 本当にに車内だけにWifiが欲しい方
  • 2年での物理SIM更新に抵抗のない方

パイオニアの車載用Wifiをおすすめ出来るのは本当に車内だけにWifiが欲しい方です。

車内で使う分にもエンジン停止後60分など制限はありますが、ドコモ回線を利用していることもあり、ドライブ中は快適に使用できます。

また、2年で物理SIMの買い替えに5,500円(税込)がかかりますが、その点を許容できる方です。

まとめ

パイオニアの車載用WifiはLTEでのデータ通信無制限や柔軟性のあるプランなど良い点もあるのですが、車だけでしか利用できない点、2年で物理SIMを買い替えなければならない点はデメリットです。

この商品を購入する際はメリット、デメリットをしっかり確認してから購入してくださいね。

私のサイトでは車で途切れることなく使えるwifiをご紹介しています。よろしければ参考程度にご覧ください。

おすすめ出来ない方

  • 外出先やカフェでの作業など車以外でもWifiを必要とする方
  • 大人数でのドライブや車の利用が多い方

おすすめ出来る方

  • 本当にに車内だけにWifiが欲しい方
  • 2年での物理SIM更新に抵抗のない方
1

Wimaxは通信速度が速く、複数人でWifiに接続しても安定しており、家族や大人数で使用したい方におすすめできるモバイルWifiです。 Wimaxは販売業者が多数あり、キャッシュバックや月額料金、違約 ...

2

ahamoはドコモ回線を使用しているため、圏外になりにくく通信速度も速いので、車でYouTubeを途切れることなく見たい方に最適です。

楽天モバイルの画像 3

楽天モバイルはスマホ会社の中で唯一、データ使い放題を利用することが出来ます。 楽天モバイルを車のWifiとして利用すれば、通信速度が速いので、快適にYouTubeを楽しむことが出来るうえ、3,278円 ...

-wifi(sim)