本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

wifi(sim)

楽天モバイルをデュアルシムで使うならLINEMOのミニプランが最強!

アイキャッチ画像

LINEMOと楽天モバイルってデュアルシムで使えるのかな?

このような疑問にお答えします。

楽天モバイルを利用していて気になるのが電波の悪さですよね。

いまだに地下や屋内では圏外になることも珍しくありません。

スマホが圏外になると今や何もできなくなってしまうほど、死活問題です。

これを解決するにはデュアルシムで楽天モバイルを利用することが1番良いのですが、相方のSIM選びってかなり重要です。

私は楽天モバイルをデュアルシムで利用するならLINEMOをおすすめします。

楽天モバイルとLINEMOの組み合わせが最強な理由を解説していきます。

この記事を書いた人

☑格安SIM歴10年

☑使用したスマホ会社10社

☑車でYouTubeを見るために通信速度の速いWifiを格安で利用できる策を常に考えて発信しています。

この記事で分かること

  • 楽天モバイルをデュアルシムで使うならLINEMOのミニプランが最強な理由

それではいきましょ

そもそもデュアルシムとは

デュアルシムとは、simを2枚入れて利用することが出来るスマホの事です。simを2つ入れることができるので、片方が圏外になってももう片方がカバーすることが出来ます。

楽天モバイルをデュアルシムで使うならLINEMOのミニプランが最強な理由

  • データ容量3GB付いているので、緊急時にもすぐに使える
  • LINEギガフリーなので、LINE通話やメッセージなど連絡手段が確保できる

データ容量3GB付いているので、緊急時にもすぐに使える

LINEMOは2つの料金プランを提供していますが、私が楽天モバイルとデュアルシムで使う際におすすめするのはミニプランです。

ミニプランは3GBのデータ使用量が付いているので、楽天モバイルが圏外になった際にもすぐにSIMを切り替えて利用することが出来ます。

特に、以下のような緊急時にすぐに使えるのはデータ容量があるメリットです。

注意したい場面

  • モバイルsuicaなどで改札を通るときに通れなくなる
  • PayPayなどのバーコード決済やキャッシュレス決済が圏外になりできない
  • 空港で搭乗券をかざす際にQRコードが出ない

データ容量がついているのがなぜ良いのかというと、通信速度が速い点です。

楽天モバイルをデュアルシムで使うときの候補として基本使用料0円のpovoが上がると思いますが、povoはトッピングを購入していないと128KbpsとWebサイトを開くのさえ難しいほどの低速です。そのため、povoのトッピングを購入する必要がありますが、その際も低速なのでかなり時間がかかってしまいます。

通信速度用途
1Mbpsウェブページ閲覧、メール、LINE
3MbpsYoutube(720p)再生、ビデオ通話
5MbpsYoutube(1080p)再生
25Mbps4K動画再生
快適に利用できるダウンロード速度

キャッシュレス決済の時に突然圏外になり、上記のような状況になるとレジに並んでいる人がいるとかなりストレスを感じます。

その点LINEMOであれば最初から3GBのデータ容量が付いているため、スムーズに対処する事が出来ます。

LINEギガフリーなので、LINE通話やメッセージなど連絡手段が確保できる

LINEギガフリーの画像

LINEMOはLINEギガフリーというサービスを利用することが出来ます。

LINEギガフリーはLINEを利用するときにデータ容量をカウントされません。さらにデータ容量3GBを使い切って速度制限がかかってもLINEだけは通信速度が落ちないので、普通に通話やメッセージを送ることが出来ます。

皆さん友達や家族と連絡をするときはLINEを利用することが多いのではないでしょうか。今やインフラのひとつとも言えるLINEが通常に使えるという点はかなりのメリットです。

楽天モバイルとLINEMOミニプラン併用の料金

プラン料金データ容量通話対応SIM
楽天モバイル1,078円(税込)~3,278円(税込)1GB~無制限Rakuten Link利用で無料物理SIM,esim
LINEMO ミニプラン990円(税込)3GBLINE通話は無料物理SIM,esim
合計2,068円(税込)~4,268円(税込)

デュアルシムの注意点

DSDV対応のスマホを利用する際の注意点をいくつか挙げておきます。

  • 2つのSIMを通話用、データ通信用に分けている場合は、通話中にデータ通信が利用できない
  • 2つのSIMで通話とデータ通信を同じSIMにしている場合は通話中でもデータ通信できる

2つのSIMを通話用、データ通信用に分けている場合は、通話中にデータ通信が利用できない

SIMを通話用とデータ通信用に分けている場合、通話中にデータ通信をすることが出来なくなります。

つまり、電話しながらネットで調べ物ということが出来ません。

これは通話用SIMが有効になり、データ通信用のSIMが無効になってしまう仕様の為です。

iPhoneなど一部のスマホでは通話が始まると自動でデータ通信を通話用SIMに切り替えることのできる機能もありますが基本的に通話中はネットが使えないと考えておいたほうが良いでしょう。

2つのSIMで通話とデータ通信を同じSIMにしている場合は通話中でもデータ通信できる

SIMを2つ入れていても通話とデータ通信を同じSIMに設定している場合は通話中もデータ通信が可能です。

デュアルシムはDSDV対応スマホがおすすめ

iPhoneはXR以降の機種でDSDVに対応しています。

iPhone 14 256GB simフリー 端末本体のみ (楽天モバイル回線なし) 新品
  • iPhone15(esim+esim)
  • iPhone14(esim+esim)
  • iPhone SE(第3世代)(esim+esim)
  • iPhone 13(esim+esim)
  • iPhone 12(物理sim+esim)
  • iPhone 11(物理sim+esim)
  • iPhone XS(物理sim+esim)
  • iPhone XR(物理sim+esim)
created by Rinker
¥48,068 (2024/02/27 03:35:49時点 楽天市場調べ-詳細)

LINEMOデュアルシムでの使い方

iPhone

まず設定画面を開きます。そこにあるインターネット共有を選択。

ほかの人の接続を許可を選択。

これで完了です。あとはテザリングに繋げたい機器をiPhoneというWifiに繋いで、Wi-Fiのパスワードを入力すればネットに接続できます。

android

まず設定を開きネットワークとインターネットにいきます。

SIMカードの開通手続きが完了していればアンテナが立っているはずです。

SIMカード番号のところを選択すると個別にSIMの設定が出来ます。

androidのデュアルシム設定

SIMを使用をONにするだけでデュアルシムで利用することが出来るようになりました。

データ通信や通話をどちらのSIMで行うかの設定をすれば完了です。

通話は発信時に毎回確認するように設定する事も可能です。

まとめ

楽天モバイルとLINEMOはデュアルシムで使うと相性が良いです。

LINEという最低限の連絡手段を確保できますし、データ容量3GBのおかげで、緊急時にも素早くSIMを切り替えて利用することが出来ます。

今やスマホはなくてはならないインフラです。スマホが圏外になった時のためにデュアルシムでLINEMOを利用する事をおすすめします。

  • データ容量3GB付いているので、緊急時にもすぐに使える
  • LINEギガフリーなので、LINE通話やメッセージなど連絡手段が確保できる

1

Wimaxは通信速度が速く、複数人でWifiに接続しても安定しており、家族や大人数で使用したい方におすすめできるモバイルWifiです。 Wimaxは販売業者が多数あり、キャッシュバックや月額料金、違約 ...

2

ahamoはドコモ回線を使用しているため、圏外になりにくく通信速度も速いので、車でYouTubeを途切れることなく見たい方に最適です。

楽天モバイルの画像 3

楽天モバイルはスマホ会社の中で唯一、データ使い放題を利用することが出来ます。 楽天モバイルを車のWifiとして利用すれば、通信速度が速いので、快適にYouTubeを楽しむことが出来るうえ、3,278円 ...

-wifi(sim)